賭けグルイ双 5巻 19話-20話(最新刊) ネタバレ 【ダウトポーカーゲームで、芽亜里たち、賭場復活。。。】

スポンサードリンク



賭けグルイ双 5巻 19話-20話 (最新刊) ネタバレ

賭けグルイ双」はBookLive!で無料お試し読みができます。

無料お試し読みはコチラ

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>賭ケグルイ双<<

賭けグルイ双」で検索してみてください。

 

 

 

こんにちは、美月です。

 

賭けグルイ双(ツイン)5巻が発売されました。

 

こちらからネタバレ、感想、考察していきますね。

 

 

 

ここからは5巻 19話-20話のネタバレ

 

(濃いネタバレ含みます。ご注意ください)

 

 

 

芽亜里つづら雪見の3人は自分達の賭場を再開します。

新しい賭場はダウト ポーカー。

通常のポーカーにダウト(嘘)の権利をつけたもの。。。

 

 

 

ダウトの宣言は賭けたチップと同額払って行います。

ダウト宣言したものは、手札を公開させることが可能になります。

ダウト宣言され、嘘を見抜かれた者は役なしとなります。

 

 

 

芽亜里達の賭場は、初日大入り満員。

しかし自分たちは、ディーラーに 徹しているため初日の売り上げは3万円程度です。

 

 

 

 

生徒会役員の聚楽芽亜里に自分の代打ちを要請します。

資金は聚楽が持つという。

その好条件の要請を芽亜里は断ります。

一度騙され、家畜(ミケ)にされそうになったことがあったためでした。

 

 

 

芽亜里の賭場は、かつてカップリングゲームをした時に戦ったの取り巻き達で賑わっています。

そこへ聚楽が、参加。

聚楽は生徒会役員であり、風紀委員長

 

 

 

 

 

5巻 19話-20話の感想&考察

 

 

私が今回読んでいるのはコチラのサイト。

⇒BookLive!無料試し読みはコチラ

「賭けグルイ双」で検索してみて♪

※今なら新規会員限定半額クーポンプレゼント行われています。

 

その他のサイトでも読めます。

ご自身にあったサイト、ご活用ください。。。

電子コミックお勧めサイト一覧

 

 

 

スポンサードリンク