『かくしごと』 1巻 (みんなのお勧め)

スポンサードリンク



こんばんわ、美月です。

今回は、読者から頂いたおすすめ本をご紹介します。

女性(滋賀)/かくしごと1巻

「かってに改蔵」や「さよなら絶望先生」でおなじみの久米田康治先生の最新作です。
今作の主人公は漫画家の後藤可久士。小学生の娘・姫がいるのですが、少し下品な漫画を描いているため漫画家であることは秘密にしています。
これまでの作品と同じくキレとテンポの良いギャグは健在です。漫画家が主人公のため、漫画業界の裏話的なネタも満載です。
今作はさらにそこに、父親と娘の甘酸っぱい親子愛のシーンが加わります。母親がいなくて父娘2人暮らしのため異様に娘を溺愛して心配性の父親と、ちょっと天然だけど父親思いの娘のやりとりがほろりとさせます。
先生に振り回されるアシスタントやゆとり編集者、なぜか後藤可久士に好意を抱いてしまう女性キャラたちなど…個性的な登場人物がぞくぞく出てくるので、ドタバタ具合にも拍車がかかってきます。
巻の最初と最後にカラーページで高校生になった姫が父親の秘密を探るシーンが描かれているので、巻が進むごとにどう展開していくのか楽しみです。
気軽にギャグを楽しみつつ、少しほっこりした気分も味わえるおすすめの漫画です。

 

漫画名 『かくしごと』

作者   久米田康治

配信   コミなび

出版   講談社

配信話数 既刊3巻(2017年1月7日現在)

価格   1巻250円~

 

 

コチラで読めます。

⇒コミなびの無料お試し読みはコチラ

 

かくしごと」で検索してみてください。

スポンサードリンク