美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 12話 ネタバレ 【絢子】

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 12話 ネタバレ 【絢子】

 

美醜の大地」はBookLive!で無料お試し読みができます。

無料お試し読みはコチラ

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>美醜の大地<<

※13話まんが王国が先行配信です。

 

 

こんばんわ、美月です。

藤森治見先生の人気コミック

美醜の大地」は今のところ

電子書籍でしか販売されてません。

ここから、ネタバレ、感想、考察をレビューしていきます。

 

 

栄一はハナへの協力を持ち替えますが、きっぱりと断るハナ。

しかし、ハナを取り巻く人間模様が二転三転し、栄一に助けを乞うのですが。。。

 

 

 

ここからは12話 【絢子】のネタバレ

 

(濃いタバレ含みます。ご注意ください)

 

 

 

樺太女学校時代を回想するハナ。

絢子はしばらく学校へ来ず、そんな絢子を心配する心優しいハナ。

初めてハナを見たとき、絢子は、

「どうしてあなただけ、そんなにきれいなの?」といい、首を絞めます。

それ以来、絢子はハナを目の敵にし、いじめ続けたのです。

 

 

 

栄一の運転する車で転寝をするハナ。

札幌へ向かいます。

 

 

 

綿貫はそのころ、刑事の後輩に菜穂子の手鏡の鑑定を内密に頼んでいました。

鑑定の結果、スミ子を脅迫した手紙と手鏡の持ち主の指紋が一致しました。

「あの優しい菜穂子さんが、張本人だったなんて信じたくない」

 

 

 

市村ハナと菜穂子の関係は一体?

綿貫は恋した女性の笑顔を思い浮かべ、悩んでいました。

 

 

 

絢子の部屋。

大型犬用のケージの中に、首輪と鎖をつけた白井の姿が。。。

「絢子さま、今日は、遊んでくださらないのですか?」

 

 

 

「いいわ、出なさい。散歩してあげる」

夜の屋敷の庭で、生まれたままの姿で走り回る白井。

「ありがとうございます。絢子さまぁ!!」

 

 

 

札幌で、情報屋の鶴田と合流するハナと栄一。

 

 

ここからは12話 【絢子】の感想&考察

 

 

遂に、絢子のいる札幌に向かうハナと栄一。

最後の復讐を前に、ハナと絢子の出会いが描かれていました。

絢子は明らかにハナに嫉妬しています。

 

 

 

 

それがイジメにつながっのは間違いないのですが。。。

では、何に???

ハナの頭の良さ??

 

 

 

いえ、それよりも、ハナが温かい家庭で過ごしてきたこと。

ハナの心が純粋できれいだったこと。。。

この辺りではないでしょうか?

 

 

そして、ハナの周りで動く人たち。

綿貫はハナと菜穂子が同一人物ということ、証拠をつかんできました。

敏恵は、ハナへの恨みを募らせ、機会を探っています。

そして、ハナをめぐり、男たちの確執も始まるかも?

鶴田、栄一、綿貫。。。

この辺がどうハナと今後絡むのかも、楽しみです。。。

 

 

 

11巻以降はまんが王国が先行配信しています。

 

 

 

※コチラから無料試し読みができます

▽   ▽   ▽   ▽   ▽

まんが王国無料お試し読みはコチラ

 

 

 

 

⇒次のお話はコチラ

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 13話 ネタバレ 【高島津家】

 

 

関連記事はコチラ

 

 

最初のコメントをしよう

必須