私の少年 3巻(最新刊) 12話‐13話 ネタバレ 【聡子と真修突然の別れ。大人の事情で離れ離れになる二人が切ない。。。】

スポンサードリンク



私の少年 3巻 12話‐13話 ネタバレ

 

私の少年」はBookLive!で無料お試し読みができます。

無料お試し読みはコチラ

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>私の少年<<

私の少年で検索してください。

 

 

 

こんにちは、美月です。

高野ひと深さんの人気コミック

私の少年」歳の差ラブロマンス?

ともちょっと違うけど、切なくてとてもいいです。

 

 

 

ここから、ネタバレ、感想、考察をレビューしていきます。

 

 

 

1巻、2巻のあらすじ(引用)

 

スポーツメーカーに勤める30歳、多和田聡子は、
夜の公園で美しい少年。早見真修と出会う。
元恋人からの残酷な仕打ち、家族の高圧と無関心。
それぞれが抱える孤独に触れた二人は、互いを必要なものと感じていく。

毎週金曜日、真修にサッカーを教える約束をした聡子。
二人の穏やかな交流が続くが、真修の家庭が抱える歪みを垣間見て。
他人である自分が真修に出来ることは何かと考えるようになる。

そんなある日、真修は父親に留守中の行動を問い詰められ、
サッカークラブを辞めることになる。
真修は、聡子の家を訪れ、勉強を教えてもらっていた時間を
「サッカーの練習」と嘘をついていたのだ。

「私がこの子の嘘をつくった」
自分といることは真修のためにならない。
自分しか頼っちゃいけないと思わせてはいけない。
そう考えた聡子は、真修と離れる決心をするが、
「俺ずっと、練習続けてたの、あいたかったからです、聡子さんに」
涙を流す真修を思わず抱きしめてしまう。

 

 

ここからは3巻12話―13話のネタバレ

 

(濃いタバレ含みます。ご注意ください)

 

 

 

前に花火大会を約束していた聡子と真修。

真修の父に、無理に金曜日の練習だけ認めてもらい。

花火大会は無理だな、、、と思う聡子。

 

 

 

手持ち花火を買って、練習に向かう聡子。

サッカー練習の後、二人で花火を。。。

花火の明かりに映える真修。

 

 

 

聡子も自然と笑顔になり、二人で楽しみます。

ベンチに座り、ラムネを飲む二人。

ラムネからビー玉を取り出し、月にかざす、二人。。。

 

 

 

聡子の元恋人で、上司の椎川文貴。

聡子を呼び出します。

NJTの早見さんが息子さんのことでお前に腹を立てている」と。

 

 

 

事情を泣きながら話す聡子。

早見さんに90%話をしたが、

話をしていない10%のことも、元恋人、上司に伝えます。

 

 

 

涙ながらに話す聡子。

 

 

 

食事をしにいったこと。

プールに連れて行ったこと。

一泊させたこと。。。

 

 

 

「親御さんが望む処分をなんでも受けます。。。」

退職も。。。」と聡子。

 

 

 

”辞令、

多和田聡子

仙台支店 第一営業部 第一営業課”

 

 

 

ここからは3巻 12話ー13話の感想&考察

 

 

 

聡子が深入りしすぎたとはいえ、取引先にクレームをいうのは???

物語だからしょうがないですけど、、、

切なすぎます。。。

 

 

結局、聡子と真修は、最後の別れの言葉を交わすことなく、

離れ離れになってしまいます。

真修の留守電を聞いて涙する聡子。

 

 

 

本当に切なすぎます。

真修も、小学6年生。

こんなに悲しい別れを経験させてしまっていいのでしょうか?

 

 

 

 

ピュアな真修に限ってそんなことはないと思いますが、

性格によってはグレてしまっても仕方ないと思います。

 

 

 

突然の別れで、次回から新展開。

 

 

数々の賞を受賞しているこの本。

買いの一冊だと思います。

 

 

 

 

※コチラから無料試し読みができます

▽   ▽   ▽   ▽   ▽

BookLive!無料お試し読みはコチラ

 

 

関連記事はコチラ

私の少年 3巻 10話‐11話 ネタバレ 【聡子、真修の父親早見と対峙。金曜日のサッカー練習を懇願する真修がカッコいい!!。】

 

スポンサードリンク