『あいまいみー』 7巻 ネタバレ&感想(みんなのお勧め)

スポンサードリンク



こんばんわ、美月です。

今回は、読者から頂いたおすすめ本をご紹介します。

30代後半 男性( 神奈川県 )/あいまいみー 7巻 ネタバレ&感想

 

四コママンガで構成されていて、カラーページはキャラクターの着せ替えイラストが1ページに付き1キャラクターが掲載されているのですが、この巻には本編に一コマしか出ないメインキャラの愛の妹の夏菜子やその夏菜子の友人の幸恵はまったく本編に登場していないのにカラーで1ページ着せ替えイラストがあるところが凄まじかったです。

反面作者のきせかえもあるのですが、作者の登場回数は半端ではないので仕方ないと思いました。

本編の序盤、主人公ミイが恐竜の卵をボーリング場で拾ったと思ったらチュパカブラだった話の「表現の自由は…」というセリフは神がかった面白さでした。

また、すいとんをこねて金庫にしまっておくという発想や、メインキャラの麻衣が異星人と話していて、異星人が恐ろしい「暗黒王ザムス」に困らされているという会話になった時、「その人と私どっちが怖いか試してみる?」と麻衣が聞くあたりも強烈でした。

全編破天荒極まりないギャグが続きますが、何故か友達以上の好きという感覚の描写が丁寧なのと作者の近況報告の多さと声優好きぶりが伝わってくるあたりも隠し味的な面白さです。

漫画名 『あいまいみー 』

作者   ちょぼらうにょぽみ

配信   まんが王国

出版   竹書房

配信話数 既刊7(2017年5月9日現在)

価格   1巻820円

 

 

コチラで読めます。

⇒まんが王国の無料お試し読みはコチラ

 

 

あいまいみー」で検索してみてください。

 

スポンサードリンク