1. TOP
  2. メディア化
  3. 3月のライオン
  4. 3月のライオン 1巻ー13巻 <みんなの感想> 男性 / 30代後半 ( 兵庫県 )

3月のライオン 1巻ー13巻 <みんなの感想> 男性 / 30代後半 ( 兵庫県 )

 2017/10/02 3月のライオン
この記事は約 3 分で読めます。 67 Views

3月のライオン 1巻ー13巻 <みんなの感想>

 

3月のライオン」はBookLive!無料お試し読みができます。

無料お試し読みはコチラ

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>3月のライオン<<

3月のライオンで検索してください。

 

 

 

こんにちは。美月です。

私が書いている記事の漫画に、読者からの感想頂きましたので、ご紹介します。

男性 / 30代後半 ( 兵庫県 )

高校生棋士(将棋のプロ)桐山零の成長を描いた物語。

原作は『ハチミツとクローバー』で有名な羽海野チカ先生。

棋士の成長といってもそのまま将棋がうまくなっていくような話ではなく、両親の事故死によって心を閉ざしてしまった桐山零が、将棋のプロとして生活しながら様々な人と出会うことで人間として成長していく物語が中心ですので、将棋については全く知らなくても大丈夫です。

桐山は将棋界では大注目の天才で周囲から一目置かれる存在ですが、日常の高校生活ではそのおとなしい性格ゆえに誰からも相手にされない浮いた存在です。

そんな彼が様々な葛藤を抱きながらまわりの人々と触れ合い触発されて成長していきます。

羽海野先生の女性らしい繊細な絵柄や巧みな心理描写が非常に効いた作品です。

脇を固める主人公のライバル二階堂や、二人の兄貴分でありよき理解者・指導者である島田開八段など学校の先生、近所の家族、そのほかの先輩棋士たちユーモラスで人間的な魅力にあふれた面々がこの漫画の肝といえると思います。

序盤はなかなかめんどくさい性格の桐山君が彼らとともに成長していく物語はいやおうなく共感できますし、それぞれの会話がおかしくて笑えます。

老若男女問わず楽しめる素敵な作品ですので皆様も是非ご一読の程を。

この漫画の魅力は、キャラクターは同感です。

桐山君の成長も見てて、応援したくなりますね。。。

 

漫画名 『3月のライオン』

作者          羽海野チカ

配信    BookLive!他

出版

配信話数 既刊13巻(最新刊2017年9月29日発売)

価格   486円

 

※13巻は127話ー139話が収録されてます。

 

 

 

※コチラから無料試し読みができます

▽   ▽   ▽   ▽   ▽

BookLive!無料お試し読みはコチラ

 

3月のライオン」で検索してみてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

人気コミック おまとめサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人気コミック おまとめサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mituki1

2児の育児奮闘中。シングルマザーの美月です。漫画大好きなので、気に行った漫画をレビューしてきます。。。

コメントを残す

*