1. TOP
  2. グラゼニ~東京ドーム編~
  3. 『グラゼニ~東京ドーム編~』 <みんなの感想> 女性 / – ( 東京都 )

『グラゼニ~東京ドーム編~』 <みんなの感想> 女性 / – ( 東京都 )

グラゼニ~東京ドーム編~ みんなの感想
この記事は約 3 分で読めます。 48 Views

『グラゼニ~東京ドーム編~』 <みんなの感想> 女性 / – ( 東京都 )

 

グラゼニ~東京ドーム編~」はコミなび無料お試し読みができます。

無料お試し読みはコチラ

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>グラゼニ~東京ドーム編~<<

グラゼニ~東京ドーム編~」で検索してみてください。

 

 

こんにちは。美月です。

私が書いている記事の漫画に、読者からの感想頂きましたので、ご紹介します。

 

女性 / – ( 東京都 )

面白いというより世の中を生き抜くためにはかなりためになるマンガだなぁと思いました

日本では野球が盛んなのでプロ野球選手が野球という仕事をするグランドにはゼニが埋まっているという意味でグラゼニというタイトルなのですが主人公の凡田夏之介は最初はエース球団のエース選手ではありませんでした

高校での野球経歴も甲子園すらも出場していないしプロになってからもスパイダーズという球団の中継ぎ投手でした

ただ自分の仕事をきっちりとやり遂げる安定はしているけど地味めなポジションの選手です

そんな凡田夏之介がなぜスパイダーズから日本一の球団の文京モップスに移ったのかは現在働いているビジネスマンにもありがちなこんな経緯がありました

プロになってからお世話になっていたスパイダーズからは評価はされていましたが自分の納得する給料を払ってもらえず辞めてしまったのです

しかしその後どこも拾ってくれる球団がなくて無職の状態になりました

無職ではいけないと年齢的にも体力的にも今しかないと思い自分はどこまでやれるか試す意味でメジャーに挑戦した時期がありました

結局メジャーで実績は残せませんでしたがメジャーでの経験がいい意味で自分自身を成長させ日本一の球団の文京モップスに運良く拾われることになったのです

野球選手の物語ですが地味なポジションの人物が自分の殻を破って一つ上のステージに挑戦する姿はこのままでいいのかと思っている働くすべてのビジネスマンにも共感を得るところがあるのではないかと思います

グランドには銭が埋まっている。

この漫画のコンセプトですね。

確かに、世のサラリーマンにとって、教示的な漫画かもしれません。。。

 

 

漫画名 『グラゼニ~東京ドーム編~

原作   森高夕次

漫画   アダチケイジ

配信    コミなび他

出版   講談社

配信話数 既刊12巻(最新刊2017年8月23日発売)

価格   500円 関連記事はコチラ

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

人気コミック おまとめサイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

人気コミック おまとめサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mituki1

2児の育児奮闘中。シングルマザーの美月です。漫画大好きなので、気に行った漫画をレビューしてきます。。。

コメントを残す

*