『シックスハーフ』 1巻 no.19〜39 あらすじ (みんなのお勧め)

スポンサードリンク



こんにちは。美月です。

今回は、読者から頂いたおすすめ本をご紹介します。

女性  20代前半  ( 山口県 )/シックスハーフ 1巻 no.19〜39

記憶喪失になった詩織は、退院の日明夫と電車で家まで帰ります。

アルバム見たり近所を散歩したり、思い出話したり、友達に会ったりそうすればきっと少しずつ思い出すよと言ってくれます。

家につくと、真歩が夕ご飯を作ってます。

詩織は、真歩にどーもと言いますが返事をしてもらえません。

詩織は自分の部屋を見てみると、ギャルの部屋って感じてゴチャゴチャしてます。

コルクボードには写真がたくさんで、記憶喪失になる前の自分はギャルだったと知ります。
夕飯の時、真歩は相変わらず口をきいてくれなくて明夫には喋ってます。

明夫は相変わらず一人はしゃいでます。

翌日、詩織は学校を休むことにします。

アルバムを見ても記憶は戻りません。

ピンポーンと家に誰かが来ます。

出ると、そこにいたのは彼氏のカイトです。

学校に来てなかったから遊びに来たと言います。

詩織はつい部屋にカイトを招いてしまいますが、カイトは詩織の部屋を見て可愛いと言います。

初めて部屋に入ったと言います。

2人は付き合ってそんな長くないと教えられます。

カイトは、中学の頃詩織に一目惚れして、でも詩織は超モテていて常に彼氏がいて、結局詩織が卒業するまで告ること 計53回でも、諦められなくて 同じ高校受験して入学して改めて告白したら 付き合ってもいいよと言われたとカイトは嬉しそうに話します。

カイトは一つ年下です。

漫画名 『シックスハーフ』

作者   池谷理香子

配信   まんが王国

出版   集英社

配信話数 既刊11巻(完結)

価格   1巻370円

コチラで読めます。

⇒まんが王国の無料お試し読みはコチラ

 

シックスハーフ』で検索してみてください。

スポンサードリンク