『ドラゴンボール』 17巻 あらすじ (みんなのお勧め)

スポンサードリンク



 

こんにちは。美月です。

今回は、読者から頂いたおすすめ本をご紹介します。

女性  30代後半 ( 滋賀県 )/ドラゴンボール17巻

 

神様の元で修行をした孫悟空は以前の様な子供の風体では無く、まさに好青年といった出で立ちで天下一武闘会会場に登場する。

そして死闘の末勝ち上がりついにピッコロとの決勝を迎える。

本17巻の冒頭はピッコロ大魔王との決勝戦佳境から始まる。

すでに手足をやられピッコロのエネルギー波で吹き飛ばされた悟空。

既にピッコロは勝利を確信し、クリリンやブルマを始め他の仲間たちもピッコロ大魔王の恐怖の幕が開ける事を確信したその時、今まで温存していた空を飛ぶ術である舞空術でやってきたのは悟空。

捨て身の頭突きをピッコロの左脇腹に突き刺し、空中でありながらも既に気絶してしまったピッコロ。

ピッコロにより天下一武闘会の武闘会場は既に破壊されており、先に落ちた方が場外となり勝利が確定する。

皆が固唾を呑む中先に落下したのはなんとピッコロであった。

大逆転で天下一武闘会初優勝を果たした孫悟空。

これでひとときの平和が訪れるかと思われたが、天下一武闘会から五年が過ぎまたもや人類は危機を迎える事となる・・・。

漫画名 『ドラゴンボール』

作者         鳥山明

配信    まんが王国

出版     集英社

配信話数 既刊42巻(完結)

価格   1巻370円~

 

 

コチラで読めます。

⇒まんが王国の無料お試し読みはコチラ

 

 

ドラゴンボール』で検索してみてください。

 

スポンサードリンク