『ときめきトゥナイト』 ネタバレ&感想 (みんなのお勧め)

スポンサードリンク



こんにちは。美月です。

今回は、読者から頂いたおすすめ本をご紹介します。

女性  30代後半 ( 埼玉県 )/ときめきトゥナイト

ときめきトゥナイトの作者は池野恋さんで、単行本全31巻ですが、私が断然お勧めしたいのは第一部の蘭世と俊のお話です。

これはもう、昭和の女子の恋愛バイブルと言っても過言ではありません!(少なくとも私はそうでした)
まず、蘭世は吸血鬼と狼人間のハーフで、こっそり人間界で生活する中学生。

最初の設定から感情移入できなそうと敬遠しないで是非読み進めてみてください。

同じ中学の真壁俊というクラスメイトに恋をしてしまう蘭世は、自分が魔界人であることを隠しながらも積極的にアピールしていくのですが、その先々で始まるトラブル(自分が魔界人だとバレてしまいそうになったり、ライバルが出現したり)の中でまあそれは一生懸命、真っ直ぐな想いで真壁くんにアタックしていくのです。

読み進めているうちに、「人間と魔界人の恋」なんていう非現実的な話であるにも関わらず、どっぷりと浸かりいつの間にかその世界観さえも素直に受け入れている自分がいました(笑)
そして、そのお話もさることながら、その当時の昭和の少女達の心を鷲掴みにしたのが真壁俊くん。

個人的に、将来「真壁」という苗字の人と結婚して、子供を産んて「俊」という名前をつけたい!と強く思い、20代後半の合コンでは「真壁」という苗字の男子に出会うのを心待ちにしていたほどです。(現在まったく違う苗字で子供は女の子ですがね笑)
とにかく、それくらいの魅力がある蘭世と真壁君の純粋な恋は本当に涙ものです。

一度是非見てみてください!

漫画名 『ときめきトゥナイト』

作者        池野恋

配信    まんが王国

出版   集英社

配信話数 既刊31巻(完結)

価格   1巻370円

 

コチラで読めます。

⇒まんが王国の無料お試し読みはコチラ

ときめきトゥナイト』で検索してみてください。

 

スポンサードリンク