『MASTAR グレープ』 1巻 ネタバレ&感想 (みんなのお勧め)

スポンサードリンク



『MASTAR グレープ』 1巻 ネタバレ&感想

こんにちは。美月です。

今回は、読者から頂いたおすすめ本をご紹介しますね。

男性  – ( 静岡県 )/MASTAR グレープ 第1巻

 

「バンブーブレード」の原作者・土塚理弘が新たに始めた異種武器格闘漫画です。

バンブーブレードのシリーズは女子剣道を中心とした話でしたが、今回は武器武道大会優勝を目指す高校生たちの物語です。

高校受験を控えた佐倉勇太はゲームセンターである少年と出会います。その少年、梅崎武道は幼いころから祖父に日々杖術を習っていましたが、その祖父の死によりこれまでの武術一辺倒であった道が正しいかわからなくなります。

そんな中、町の中で巻き込まれたトラブルをきっかけに二人は元舞高校に進学し武道部に入部することになります。

格闘物とスポーツものの合体といった内容ですが、特徴としては多種多様な武器が出てくることです。主人公から杖術という一般の人があまり知らない武術を使い、部活の先輩には槍術の使い手がいたりします。

他にも、実際の使い手は出ていませんがイラストでは銃剣術や鎖鎌がいました。鎖鎌については以前テレビの企画で異種武器格闘技をやった結果、最弱武器となってしまいましたがぜひ頑張ってほしいです。

バトルものらしい実に少年心をくすぐる展開と、設定として高校の部活であることで青春ものとしての安定感があり、また随所に細かいギャグが入っています。今後注目していきたい作品です。

漫画名 『MASTAR グレープ』

作者          土塚理弘 高橋アキラ

配信     まんが王国他

出版   小学館

配信話数 既刊1巻

価格   500円

私が利用しているサイト一覧です。

電子コミックサイト一覧はこちら

 

スポンサードリンク