トモダチゲーム 9巻 第38話(最新刊) ネタバレ 【「友情の檻ゲーム」友一絶対絶命のピンチ。。。】

トモダチゲーム 9巻 第38話(最新刊) ネタバレ

 

こんにちわ。美月です。

5.9に「トモダチゲーム」の最新刊が出ました。

待っていました。

こちら、最新情報をレビューしていきますね。。。

 

私が今回読んだのは、こちらの

電子コミックサイト

⇒コミなび無料お試し読みはコチラ

トモダチゲーム」で検索して、読んでみて♪

 

ここからは9巻 第38話のネタバレ

(濃いネタバレなので注意して読んでください)

 

大人のトモダチゲーム「友情の檻ゲーム」

に挑む友一と四部。

”密告””追放”そして”脱獄”というルールの中、

友一と四部のチームの田上源三が追放されました。

 

田上源三はドミノ造りに足手まといとなる、

後田を追放しようと声を荒げていた人間です。

 

追放には友一のチーム6人、京のチーム6人、計12人のうち、

過半数の7人の追放票が必要だったのですが、

友一のチームの後田がイジメられておいた田上に投票。

京のチームは京がとりまとめ、田上に投票。

計7票が田上に集まったのでした。

 

そして、京は田上に諭します。

民主主義のルールの基本は弱者救済なのだと。。。

田上は自分の会社が窮地に陥った時、出来ない社員を解雇した際、

強者の横暴な考え方による”不当解雇”となったこと、思い出しました。

 

そして、このことにより、友一は窮地に立たされることになったのです。

友一のチームは5人。一方、今日のチームは6人。

京及びクロキは過去、友一にゲームで煮え湯を飲まされ、

恨みがあります。

そして、チームをまとめているのが、天才京。

 

この状況でクロキが図に乗り、友一に土下座させます。

京はもう一つの民主主義のルール、”数が多い方が正義”

友一のチーム全員にまたもや諭します。

 

そして、黒木は友一のチーム5人に対し、

「3日後、一番使えない奴を一人追放する」と宣言。

そして、その3日の間、友一に対するイビリはエスカレートするのです。

飯抜きにされたり、”豚”と呼ばせたり。。。

 

そして、追放者が発表される3日目の朝がきました。

京側の山下ケンジが

「追放者に暴力をふるった場合はどうなる?」と運営者に尋ねると、

マナブ看守は

「別に失格にはならないよ」と。。。

 

ケンジが友一を殴ろうと準備し。。。

マナブ看守の発表!

「追放者は・・・山下ケンジ、ケンちゃんでした~」

 

9巻 第38話の考察・感想

 

民主主義の基本、大人になるといろんな我慢の中で、

人間関係作っていかなければいけない。。。

現実社会とかぶる部分があって、共感しました。

 

京側の裏切り者は誰なのか?

友一は3日間の間に、何を行ったのか??

気になりますねぇ。。。

 

 

私が読んでるのはコチラ

⇒コミなび無料試し読みはコチラ 

トモダチゲーム」で検索してみて♪

 

 

⇒9巻39話のネタバレはこちら

 

⇒8巻のネタバレはこちら (旧サイト)

ABOUTこの記事をかいた人

2児の育児奮闘中。シングルマザーの美月です。漫画大好きなので、気に行った漫画をレビューしてきます。。。