『ドリーム職人』 3巻 ネタバレ&感想 (みんなのお勧め)

スポンサードリンク



 

こんにちは。美月です。

今回は、読者から頂いたおすすめ本をご紹介します。

男性  30代後半  ( 神奈川県 )/ドリーム職人3

クロマティ高校の野中英次によるショートギャグ作品です。

ぬいぐるみ職人を目指すヤス、河村の二人とその師匠に当たるマイケル信州が殆どぬいぐるみを作らず貧乏生活に耐え抜いているギャグ漫画。

マイケル信州が生きたぬいぐるみしかいないぬいぐるみ王国の王子でクーデターにより失脚しているという衝撃的な展開で始まり、マイケル信州はぬいぐるみ(薄幸ちゃん)の姿で登場していることが多いのですが、きのこが生えてきたり、尻尾が生えてきたり、ピザ屋の店員と恋に落ちたり、河村が急死したのを蘇らせるために魂をぬいぐるみと入れ変えた関係でマイケル信州が河村の姿に、河村がぬいぐるみになったりとめまぐるしい展開が続きますが、唐突に焼肉を焼いている話で全員元の姿に戻ってしまうところが面白いです。

また、2000年問題やインターネットなどのエピソードが自体を表していて興味深いところでもあります。

最終エピソードでは薄幸ちゃんロボを作るという展開になりますが、全く最終回らしいシーンは用意されていないあたりがこの作者らしいところです

漫画名 『ドリーム職人3』

作者   野中英次

配信   不明

出版   講談社

配信話数 不明

価格   不明

 

コチラで読めます。

⇒まんが王国の無料お試し読みはコチラ

 

・・・』で検索してみてください。

スポンサードリンク