耳より情報1

無花果-イ・チ・ジ・ク ネタバレ 1巻 1話-2話 【軽い気持ちで出会い系サイトに登録したマユ。その代償はあまりにも大きかった。。。】

スポンサーリンク

無花果-イ・チ・ジ・ク ネタバレ 1巻 1話-2話
 
 

こんにちは。

美月です。

 

 

坂辺周一さんの人気コミック

無花果-イ・チ・ジ・ク」にハマってます。

ネタバレ、感想等をレビュ

ーしますね♪

 

 

 

 

ここからじっくりレビューしますので、

おたのしみに。。。

 

 

 

 

私がこの漫画を読むのは、こちらの電子コミックサイト。

 

まんが王国

 

試し読みが充実と評判のサイトです。

 

⇒無料試し読みはコチラ

無花果」で検索してみて♪

 

 

 

 

 

 

 

1巻は第1話~第5話まで収録されてます。

 

ここからは1巻1話-2話のネタバレ

 

 

(濃いネタバレ含みます。ご注意ください)

 

 

 

 

マユは旦那とは仲良しであるも、子供ができません。

そんなある日、同じマンションに住むミクとマヒロに誘われます。

不倫専門の出会い系サイト

 

 

 

いろんな相手とチャットをするうち、ヒロという相手と意気投合。

ヒロはマユと同じような境遇で、妊活中でした。

マユは次第にヒロに相談をするようになり、アプリの無料電話で話をします。

 

 

 

つい旦那の出張の話をするマユ。

昼間にホテルで食事をすることになります。

 

 

 

相手のヒロは誠実そうな人でありました。

ヒロはマユの事を一目で気に入り、マユのことをほめたおします。

 

 

 

まんざらでもないマユ。

と、ヒロへ仕事先から電話が。。。

 

 

 

ヒロは電話しながら、メモをとり、

”ホテルの部屋から茶封筒を取ってきて”とメモ紙をマユに渡します。

 

 

 

マユは部屋で茶封筒を探していると。。。

ヒロは後から入ってくるなり、カギを閉めます。。。

 

 

 

「スゲェ可愛いのに、バカだなオマエ・・・」

 

 

 

翌日、マヒロがマユの部屋におすそ分けをしにきます。

マユのおかしな様子に気づくマヒロ。

 

 

 

マユは泣きだし、そのうちに旦那が帰ってきます。

マヒロはうまくごまかし、マユを自分の部屋へと連れていきます。

 

 

 

マヒロの部屋にミクも呼び出し、

マユは二人に昨日、今日起こったことを話します。

 

 

 

ヒロとホテルで会った事。

騙され、ヒロの部屋で犯されたこと。

その時撮られた無数の写真を送りつけられていること。。。

 

 

 

マヒロとミクは泣いて悔しがり、怒りを露わにします。

マヒロは、まずは何とかしてデータを奪って消去することが優先と。。。

マユがファーストフード店にヒロを呼び出します。

 

 

 

マヒロとミクは変装し、離れた場所で待機。

ヒロが来たので、マユがドタキャンのメッセをし、帰るヒロをマヒロとミクが尾行します。

 

 

 

結局、ヒロは多数寄り道したため、見失ってしまうのですが、その夜、3人は対策を練ります。

 

 

 

次なる作戦は。。。

マリロとミクのアカウントからヒロに接触。

 

 

 

次第にマユへの脅迫は減っていったある日。

ヒロが同じマンションに引っ越してきました。

そして、マユの旦那とあいさつをしているヒロ。。。

 

 

 

1巻 1話ー2話の考察と感想

 

 

 

軽い気持ちでママ友の誘いに乗ったマユ。

大きな借金を背負いこんでしまいました。

 

 

 

まさか、誠実そうな男に、こんなに簡単に嵌められるなんて、

思ってもみなかったでしょうに。。。

 

 

 

マヒロとミクも誘いさそいこんだ手前、

マユに対して負い目を感じています。

さあ、主婦3人組の反撃はいかに???

 

 

 

私が利用している電子コミックサイト一覧はコチラ

 

 

電子コミックお勧めサイト一覧

 

 

無花果で検索してみて

 

 

⇒次のお話はコチラ

 

 

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


Warning: imagecreatefromstring(): Data is not in a recognized format in /home/c6513603/public_html/mitsuki0404-1.shop/wp-content/themes/shaper/functions.php on line 310