グラゼニ~東京ドーム編~ 10巻(最新刊) 【それぞれのストーブリーグ】

グラゼニ~東京ドーム編~ 10巻(最新刊)

こんにちわ。美月です。

 

プロ野球の裏側が見れて、経済の勉強も出来て

ストーリーが面白いこの漫画にハマってます。

 

私が今回「グラゼニ~東京ドーム編~」を読んだのは、

こちらの電子コミックサイト

 

 

⇒コミなび無料お試し読みはコチラ

 

グラゼニ~東京ドーム編~」で検索して、読んでみて♪

 

 

⇒前回のお話はコチラ

 

 

ここからは10巻のネタバレ

 

凡田はシーズン終盤、ピッチャー返しの打球を額に受けます。

そのまま入院となりますが大事に至らず、その試合で

10勝目を上げます。

 

そしてストーブリーグ突入。

凡田の代理人、ダーティ桜塚と凡田は打ち合わせします。

10勝上げて、強気な交渉が出来ると踏んだダーティは

66%アップの2億で交渉に臨みます。

 

 

球団側の提示は。。。ナント。。。

 

9千万!!

 

余りの開きに愕然とするダーティも、

押し合いへし合いの末、

出来高つけて1億で決着するのでした。

 

 

 

そして、ファンを大切にする

大漁ホールズの三浦永輔の引退試合。

学生時代からプロへの成り立ち。

引退試合での監督ミラーの采配で、

生涯年収30億にもなった?との話。

 

 

移籍した河内が殊勝にも球団のダウン提示をあっさり受け、

逆に球団側から現状維持で契約を再度申し出た話。

 

北海道に移籍した則川のその後の活躍。

 

凡田がプロへ入団することになったいきさつ。

高3の夏の出来事。

 

などなど。。。。

 

10巻の感想

 

 

前回までは凡田中心の物語でしたが、

この10巻は凡田に関わりのある選手の

その後が描かれていて、大変楽しめました。

 

グランドでの攻防も面白いですが、

契約更改の攻防も、面白かったです。

 

単純な野球漫画としても楽しめますが、

経済の勉強にもなり、

なんか一挙両得感のある漫画だと思います

 

皆さんにも、是非読んでもらいたいです。

 

 

私が読んでるのはコチラ

 

⇒コミなび無料試し読みはコチラ 

 

 

グラゼニ~東京ドーム編~」で検索して、読んでみて♪

 

 

 

 ※グラゼニ~東京ドーム編~ 11巻(最新刊)は5月23日発売予定です。