耳より情報1

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 2巻5話 ネタバレ 【氷の追跡】

スポンサーリンク

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 2巻5話 ネタバレ 【氷の追跡】

美醜の大地」はBookLive!で無料お試し読みができます。

無料お試し読みはコチラ

▽   ▽   ▽

クリック!!

>>美醜の大地<<

 

 

 

こんばんわ、美月です。

藤森治見先生の人気コミック

美醜の大地」は今のところ

電子書籍でしか販売されてません。

ここから、ネタバレ、感想、考察をレビューしていきます。

 

 

 

第4のターゲットは瀬尾サチ。

ハナの頭の良さに嫉妬し、ナイフでハナのかばんなどを切り裂いていた女。

そのサチへの復讐は、一人息子に対する母親の愛情を利用したものでした。

 

 

 

ここからは2巻5話 【氷の追跡】のネタバレ

 

(濃いタバレ含みます。ご注意ください)

 

 

 

絢子は「月刊道民」の記者綿貫に呼び出されます。

喫茶店で奥田スミ子について尋ねる綿貫。

綿貫は高島津グループの令嬢、絢子に連絡を取ったのでした。

 

 

 

綿貫は絢子に、スミ子は何者かによってハメられたのでは?と話します。

そして、写真の「市村ハナ」に似た人物がいた、と絢子に告げます。

 

 

 

市村ハナの正体を知りたいという綿貫に、絢子はシラを切ります。

「スミ子さんはこの女性に恨まれていたのでしょうか?」と尋ねる綿貫。

もしいたのなら、それは亡霊だから」と言って立ち去る絢子。

 

 

 

ハナは奥田スミ子の死について、苦しんでいました。

最大の敵である、絢子を葬りさるまで復讐は終わらない。

と誓うハナですが、恐怖で震えて泣くのです。。

 

 

 

菊乃はハナのことを案じています。

人生のすべてを復讐に費やす、かわいそうなハナ。

ハナが顔を変えて生まれ変わったのは、復讐のためだけ。

その目的が果たせなければ、ハナはどうなってしまうのだろう?

菊乃はハナの哀れな人生を思い、ため息をつくのです。

 

 

 

白井の両親が白井と絢子を訪ねてきました。

両親の前では非の打ちどころのない態度を示す白井。

白井の父親は、息子の色狂いについては知っていました。

絢子のおかげでようやく落ち着いたようだと、内心ほっとしています。

 

 

 

お手洗いに席を立つ白井。

絢子の胸に輝く鍵を見る目はときめいています。

洗面所でズボンをおろし、カギのかかった貞操体を眺め「絢子様・・・」と興奮します。

 

 

 

函館のカフェを訪れる綿貫。

スミ子の事件のショックで菜穂子はやめていることをしり、がっかりします。

 

 

 

店長から樺太の沈んだ引揚船の遺品を見せられ、

「殉難船・・・」

高島津絢子が言った「亡霊」の言葉の意味に気づく綿貫。

 

 

 

沈んだ引揚船のどれかに、ハナが乗っていたこと、絢子はしっていたのでは?と推測します。

 

 

 

ハナは弟、留吉の死んだ砂浜にいます。

留吉の遺体を埋めた場所を掘り返します。

出てきた小さな頭蓋骨を抱いて、謝るハナ。

 

 

 

 

弟と母の死を思い返し、再び憎しみをたぎらせます。

「死んで当然じゃない。私の家族をこんな目にあわせたのだもの」

「許さない、みんな地獄の底へ引きずり込んでやる」と、復讐を新たに誓うのでした。

 

 

 

ここからは2巻5話 【氷の追跡】の感想&考察

 

 

雑誌記者綿貫の登場で、ハナの動きが絢子にバレてしまうようです。

絢子は金持ちですから・・・。

ハナの絢子への復讐劇へのハードルとなりそうですね。。。

 

 

 

そして、ハナをめぐる様々な人間模様をクローズアップされた話で、

今後の展開をあれやこれやと考えされられる内容でした。

 

 

 

はっきり言って、ここには書ききれないほど、てんこ盛りの話でした。

 

 

 

私は今回、コチラのサイトでよんでます。

 

 

※コチラから無料試し読みができます

▽   ▽   ▽   ▽   ▽


※今なら新規会員半額キャンペーン開催してます。

 

 

関連記事はコチラ

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 1巻4話 ネタバレ 【情け無用】

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 1巻3話 ネタバレ 【私は特別】

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 1巻2話 ネタバレ 【罪の記憶】

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 1巻1話 ネタバレ 【泥棒女】

 

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください