火葬場のない町に鐘が鳴る時 ネタバレ 2巻 【冥奴の町を突破。勇人と山上の運命は・・・】

スポンサードリンク



火葬場のない町に鐘が鳴る時 ネタバレ 2巻

 

おはようございます。美月です。

ランキング上位にきていて、

気になっていた漫画、「火葬場のない町に鐘が鳴る時 」。

 

私が今回読んだのは、こちらの

電子コミックサイト

 

⇒まんが王国無料お試し読みはこちら

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時  」で検索してみてください。

 

 

ここからは2巻のネタバレ

 

 

(濃いネタバレ含みますので注意して読んでください)

 

 

 

6時の鐘の音。

物凄い不協和音にまたまた勇人は頭痛に悩まされます。

しかし平然としている山上。

咲も昨日、頭痛を感じている様子はありませんでした。

 

 

 

山上の話だと、みとず町で冥奴様に殺された人はいないという。

しかし、それは表向き。

警察が回収した死体を葬儀屋に引き渡し、

他の町の火葬場に運んでしまうという噂が。。。

 

 

 

そして、咲は、

勝手に火葬された最初の人間が自分の父親だといいます。

 

 

 

母親がドアのノックに反応し、パパだと。。。

ドアの隙間から勇人が覗くと、

父親の血だらけの壊れた携帯が。。。

そして、遠くの塀を超えていく人影。。

 

 

 

その携帯を見て、母親は気絶してしまいます。

勇人は外へ出て父親を探しに行くと言います。

そして、3人で協議した結果、勇人と山上で行くことに。

 

 

 

小豆をばら撒いてしまった勇人に、自分の家から持ってくると咲。

不用意に空けたドアの先に、冥奴様が。。。

山上は噛まれ、勇人は対抗するも自分の非力さを呪います。

 

 

 

と、気が付くと、冥奴は階下に。。。

山上が、勇人が持ち上げて投げたのだと。。。

勇人はその間、無意識の状態だったのです。。。

 

 

 

そして、勇人と山上は勇人の父親の捜索にいきますが、

途中、手書の地図を発見。

 

 

 

その地図には、×点が記されています。

勇人のマンションが書かれていて、しかも、

その×点の位置は山上の実家らしいのです。

 

 

 

二人に託された地図と思われ、

その×点を目指します。

紙の裏には

ウヅキユウト頭ナクシテシヌ”の文字が。。。。

 

 

 

山上の出血がひどく、近くの民家に開けてくれと頼む勇人。

しかし、開けるはずもありません。

そうこうしているうち、冥奴が襲ってきます。

一つの家が、二人を招きいれてくれます。

 

 

 

そこにいた少女。

あなたたち息ピッタリね。。。

 

 

2巻の感想・考察

 

 

 

2巻を読み終わって、まったく疑問は解消されませんでした。

勇人だけがかかる頭痛といい、勇人が意識なく冥奴を倒してしまうこと。

何か、勇人だけの特殊能力がありそうですね。。。

更に、謎の地図、謎の少女。

疑問が膨らみ、この先の展開が楽しみです。

 

 

 

伏線バラまき過ぎ?って懸念もありますが、

数々の疑問が暴かれること、期待します。

 

 

 

私が読んでるのはコチラ

⇒まんが王国無料お試し読みはこちら

 

火葬場のない町に鐘が鳴る時 」で検索してみてください。

 

スポンサードリンク